スポンサーリンク

遺族厚生年金の額:詳細(令和2年度)

Pocket

2つの算定方法

  • 短期要件:300月みなしあり
  • 長期要件:300月みなしなし

遺族厚生年金は2種類の支給要件(短期要件と長期要件)が併存し、どちらを満たすかで年金額が異なります。

どちらの要件も満たすときには、金額の多い方を選択することになります。

算定ステップ1:ベースとなる額の算定

老齢厚生年金の報酬比例部分の計算法で算定した額がベースとなります。但し、

  • 短期要件:給付乗率の読み替えあり
  • 長期要件:給付乗率の読み替えなし

短期要件のときは生年月日による乗率の読み替えはありませんが(従前額保障は1000分の5.769及び1000分の7.5、本来水準は1000分の5.481及び1000分の7.125で固定)、長期要件のときは老齢厚生年金と同様の読み替えがあります。

老齢厚生年金報酬比例部分の計算法解説ページ

算定ステップ2:300月みなしの適用

短期要件、かつ、計算の基礎となる厚生年金加入期間の月数が300月に満たないときは300月とみなして年金額を計算します。

計算式:(A+B)/ C × 300

  • A:平成15年3月以前の厚生年金加入期間で計算した年金額
  • B:平成15年4月以降の厚生年金加入期間で計算した年金額
  • C:厚生年金被保険者期間の月数合計

短期要件でも加入期間が300月以上である場合、及び長期要件による場合はこのステップはとばします。

算定ステップ3:4分の3を適用

上記で計算した年金額(300月みなしが適用された場合は適用後)の4分の3が遺族厚生年金の額となります。

この4分の3という数値は、短期要件も長期要件も共通で適用されます。

スポンサーリンク

年金質問箱

サイト内検索

スポンサーリンク