スポンサーリンク

老齢年金繰下げの損得勘定、12年受取れば元が取れる

Pocket

参照リンク

老齢年金繰下げの基本については下記のリンクページを参照してください

基本的な考え方

繰下げの損益の考え方

繰下げによって増額される前の年金額を100とすると、ひと月繰下げる毎に0.7の年金額が増えるので、年にして8.4(0.7×12月)の増額になります。一方で繰下げると100の年金を放棄することになるので、100を8.4で割れば、収支トントンになる年数が求められます。

つまり約12年の間、年金を受け取ることができれば収支がトントンとなり、その後は、トータルでの受給額が繰下げをしないときよりも増額になります。

この計算を元に繰下げをするかしないか、あるいはどのくらいの期間繰下げるのかを検討します。例えば男性が65歳から5年間の繰下げをしたとします。70歳から増額された年金を受け取ることになりますが、70歳男性の平均余命は約10年です。受給期間が10年では受給総額が減ってしまうので繰下げる期間をもっと短くしたり、あるいは繰下げをしないという選択もあるかもしれません。

一方で女性の場合は損益分岐点となる82歳以上まで生存する可能性が高いので、その様な視点から積極的に繰下げを検討するのもよいでしょう。

もちろん男女関係なく、長生きをすればするほど得する仕組みになっているので、健康で長生きできる自信がある人は、ぜひ年金の繰下げを検討してみてください。

繰下げ時の給付倍率

繰下げしたときの給付倍率

繰下げなかったときの受給額を1としたときの年金受取総額

死亡時の年齢
65歳 70歳 75歳 80歳 85歳 90歳 95歳
繰下げ年数 1年 0.00 0.90 0.99 1.02 1.03 1.04 1.05
2年 0.00 0.78 0.96 1.02 1.06 1.08 1.09
3年 0.00 0.63 0.91 1.02 1.07 1.11 1.13
4年 0.00 0.45 0.85 1.00 1.08 1.13 1.16
5年 0.00 0.24 0.77 0.98 1.08 1.15 1.19

繰下げ請求をしなかった場合を1として、65歳からの繰下げ年数毎に何倍の年金を受給できるかをグラフと表にまとめてみました。

85歳まで生存すれば、繰下げた年数に関わらず1を超えるので、繰下げた方が受取総額は多くなります。概ね80歳を超えたあたりが損益分岐点となります。

スポンサーリンク

年金質問箱

サイト内検索

スポンサーリンク