スポンサーリンク

離婚時の年金分割

Pocket

婚姻期間中に得た所得は基本的に全てが夫婦の共有財産とされているので離婚後に年金の給付額に偏りがないよう、分割が制度化されました。

年金分割の概要

分割の対象となる年金

年金のうちどの部分が離婚時分割の対象になるかの説明

この図では説明上、夫の年金が分割され、妻に支給されていますが、妻の年金が分割されて夫に支給されることもあります。

分割の対象になるのは老齢年金のうち婚姻期間中に加入していた厚生年金が元になっている老齢厚生年金(老齢共済年金)のみで、1階部分の老齢基礎年金や3階部分の厚生年金基金は分割の対象になりません。もちろん婚姻期間外の厚生年金加入中の分も分割の対象とはなりません。

年金分割の区分と特徴

離婚時の年金分割には3号分割と合意分割の2種類があり、それぞれの特徴は以下のとおりです。

比較項目 3号分割 合意分割
対象となる年金 平成20年4月以降の3号期間の老齢厚生年金 婚姻期間の老齢厚生年金
合意の必要性 請求によって強制的に分割されるため、合意形成の必要はない 双方の協議によって、分割の割合を決定する
分割の割合 2分の1 2分の1までの範囲で協議で決定

3号分割

3号分割によって、第3号被保険者期間中に配偶者である第2号被保険者が支払った保険料に基づく老齢厚生年金の半分が請求によって強制的に分割されます。

この3号分割が適用されるのは平成20年4月以降の期間です。

合意分割

婚姻期間中の厚生年金加入期間を計算の基礎とした老齢厚生年金に対して、その一部を分割譲渡する制度です。

合意分割のプロセス

ここでは合意分割の概要を簡略して説明しています。
詳細については下記のリンクを参照してください。

3号分割は申請によって強制的に行われるので、3号分割のみを行う場合は特に問題がありませんが、合意分割は以下のプロセスに基づいて実行されます。

1. 3号分割制度の適用

婚姻期間に第3号被保険者期間があれば上記の3号分割が行われ、年金が分割譲渡されます。

2. 分割割合の協議

3号分割の後、双方の協議によって分割後の年金額(老齢厚生年金)の比率を決定します。その際、
金額の多い方から少ない方へ分割譲渡が行われます。
分割後の譲渡された方の比率は2分の1以下でなければなりません。

なお協議で合意に至らない場合は、家庭裁判所の調停によって決定します。

3. 年金額の改定

協議で決定された比率に基づき改定の請求を行い、請求の翌月から年金額が改定されます。

年金分割の計算例

注意アイキャッチ

実際の分割プロセスは標準報酬月額標準賞与額の受け渡しによって行われます。以下の解説は分割のイメージとして捉えてください

年金分割の事例

3号分割のみの場合

妻が第3号被保険者であった期間に夫が第2号被保険者として支払った厚生年金保険料が元となった老齢厚生年金額の2分の1である10万円が妻の老齢厚生年金に加算されて、夫の老齢厚生年金から減額されます。

合意分割の場合

Step1: 3号分割の適用

上記の3号分割のしくみにより年金が振り分けられ、その結果、
夫の老齢厚生年金:50万-10万=40万
妻の老齢厚生年金:10万+10万=20万
となります。

Step2: 分割の協議

この時点では夫婦の老齢厚生年金総額に対する妻(年金額が少ない方)の割合は(20万/(40万+20万))、つまり3分の1となります。

そして、分割前の年金額が少ない方(この事例では妻)の年金額が、夫婦の年金額の総額に対して
3分の1<分割割合≦2分の1
に収まる範囲内で年金額が少ない方(妻)の割合を協議の上、決定します。

Step3: 協議結果の年金額反映

もし、分割後の割合が2分の1(割合の上限)と決定された場合、上記の3号分割で上乗せされた10万円と、さらに10万円が加算され、分割前の妻の老齢厚生年金と合わせて30万円(夫婦の総額である60万円の2分の1)が支給されることになります。

年金分割の注意点

年金が分割されて受給額が増えても、老齢厚生年金の受給要件を満たしていなければ年金を受け取ることはできません。

増額された年金だけを先行して受け取るとこはできません。すなわち、自分の年金が受け取れとれるようになるまでは、増額分も受け取ることはできません。

分割によって年金が増額(減額)されるのは申請の翌月以降なので、離婚時や支給開始時点に遡っては増減されません。

分割の対象となる老齢厚生年金は、婚姻期間の給与(標準報酬額)を計算の基礎とした部分のみなので、婚姻期間外の部分については一切分割の対象となりません。もちろん、老齢基礎年金も対象ではありません。

更に、3号分割の対象になるのは婚姻期間のうちでも、平成20年4月以降の期間に限られます。

再婚をしても続けて受給できます。

分割されて譲渡した側(主に夫)が死亡しても、続けて受給できます。

Pocket

スポンサーリンク

年金質問箱

サイト内検索

スポンサーリンク