スポンサーリンク

うつ病と障害年金

Pocket

傷病別の障害年金受給者数の項で説明のとおり、支給の対象になるのは精神障害、特にうつ病が多くを占めています。昨今では労働者のメンタルヘルスが大きな社会問題にもなっているので、この点について詳しくお話します。

気分障害(うつ病、躁鬱病)の状態と障害の認定基準

障害等級 状態
1級

高度の気分、意欲・行動の障害及び高度の病相期があり、かつ、これが持続したり、ひんぱんに繰り返したするため、常時の介護が必要なもの

2級

気分、意欲・行動の障害及び思考障害の病相期があり、かつ、これが持続したり又はひんぱんに繰り返したりするため、日常生活が著しい制限を受けるもの

3級

気分、意欲・行動の障害及思考障害の病相期があり、その病状は著しくないが、これが持続したり又は繰り返し、労働が制限を受けるもの

具体的な認定基準

うつ病の認定基準も他の障害と基本的に同様です。すなわち、
・1級と2級は日常生活を生活を送ることができない、あるいは、著しい制限を受ける
・3級については労働が不能、もしくは著しい制限を受ける
ことが判定の基準となります。

特に1級の場合は常時の介護が必要とされ、認定のハードルは相当高いと言えます。

認定基準の特徴

国民年金・厚生年金保険障害認定基準には、以下のような記述があります。

精神の障害は、多種であり、かつ、その症状は同一原因であっても多様である。したがって、認定に当たっては具体的な日常生活状況等の生活上の困難を判断するとともに、その原因及び経過を考慮する。

うつ病の場合、基本的には器質的な病変がみられないため、どのような日常生活をおくっているのかが、障害認定の重要ポイントとなります。また、そううつ病の診断自体が医師によってばらつきがあり、客観的に障害状態を判定するのが難しいと思われます。

受給のポイント

精神障害の初診日

参照リンク

障害年金の初診日については、下記のページで確認して下さい。

障害年金の初診日は特に複雑で、必ずしも精神科や心療内科に最初にかかった日になるとは限りません。うつ病をはじめとする精神障害では不眠や胃腸障害などの体調不良を訴え、その後にそううつ病であると専門医によって診断されることがよくあります。このような場合は、体調不良が後に診断されたそううつ病が原因で引き起こされたみなされれば、体調不良で最初に受診した日が初診日となります。

初診日確定の重要性

このようにうつ病の初診日は明確でない場合が多いのですが、障害年金を受給するため(初診日要件を判定するため)には、必ず明確にしなければなりません。不明確にしておくと、思わぬ不利益を蒙ることがあります。

例えば、仕事が原因で体調を崩し退職したような場合、後になってうつ病であったと分かることはよくあることです。専門医でなければ精神障害の診断はとても難しいのです。

障害厚生年金を受給するための注意点

障害厚生年金は初診日が厚生年金の被保険者期間(つまり在職中)であれば初診日要件を満たし、65歳になる前までなら退職してから何年経過していても事後重症による障害厚生年金を請求できます。但し、在職中に受診したときが単なる体調不良であることも考えられるので、後になって初診日要件を満たしていることを証明するのは困難を伴うことがあります。したがって、うつ病などの精神障害が疑われる場合には、在職中に病名を確定させておくことが望ましいと言えます。

日記をつけておく

精神障害の障害等級認定は、これまでの経過や現状など、日常生活の状況が大きなポイントとなります。したがって、以下のポイントを押さえて日記をつけておくことをおすすめします。

  • 医療機関への受診状況
  • 受け取った薬、服用状況と効果
  • 体調、病状
  • 就労状況
  • 睡眠
  • 療養生活、その他病状に関する日常

不眠や胃腸障害、就労できなかった場合はその理由や、自宅でどのように過ごしていたかなどについてもできるだけ詳細に記録を残しておくのがよいと思います。

Pocket

スポンサーリンク

サイト内検索

スポンサーリンク