スポンサーリンク

老後の年金を受取るには、どうすればいいの?

Pocket

10年間、保険料を支払えば老後の年金を受取ることができる

no-img2
ケイコ先生

これからお話しするのは老後にもらう老齢年金のことで、ケガや病気になったときにもらう障害年金や、遺族が受取る遺族年金の条件は全く別になります

no-img2.png
ケンタくん

確か、10年保険料を払えばもらえるんだったよね

no-img2
ケイコ先生

10年間保険料を支払えば文句なしでもらえます

no-img2.png
ケンタくん

老後の年金は2種類あったよね、
老齢基礎年金と老齢厚生年金

no-img2
ケイコ先生

どちらの条件も、全く同じです

no-img2.png
ケンタくん

ならば、老齢基礎年金をもらえる人は老齢厚生年金も必ずもらえるんだ

no-img2
ケイコ先生

だけど、老齢厚生年金の方は会社勤めの期間、つまり厚生年金に加入したことがない人は当然だけど老齢厚生年金はもらえませんよ

no-img2.png
ケンタくん

あと、僕は保険料なんて払ったことないんだけど

no-img2
ケイコ先生

会社勤めで、厚生年金の保険料が毎月の給与や、ボーナスから天引きされていれば大丈夫です

no-img2
ケイコ先生

フリーターや仕事をしていない人、自営の人は自分で納めないといけません
だけど厚生年金に加入している期間は問題ありません、ちゃんと「保険料を払った月」にカウントされます

10年にカウントしてもよい月

保険料の納付要件の項目

no-img2.png
ケンタくん

必ずしも10年間以上、保険料を納めなければならないって訳じゃないんだね

no-img2
ケイコ先生

ケンタさんは学生時代、国民年金の保険料を払っていましたか?

no-img2.png
ケンタくん

払ってないけど、免除の手続きはちゃんとしていたよ

no-img2
ケイコ先生

学生の場合、正確には免除ではなく納付猶予というのですが、免除でも納付猶予でも10年にカウントされるという点では同じなので、ここでは違いをあまり気にしなくてもいいでしょう

no-img2.png
ケンタくん

僕の場合、学生のときの2年間が納付猶予の期間になるので、あと8年分払えばもらう資格があるってことだね

あと、合算対象期間っていうのは?

no-img2
ケイコ先生

保険料を払った期間でも免除や納付猶予を受けた期間でもないけど、10年のなかにカウントしてもいい期間です

no-img2.png
ケンタくん

例えば?

no-img2
ケイコ先生

例えば、一時的に海外に移り住むために、住所地を海外に移したときなんかが合算対象期間になります

でも、会社員や扶養されている奥さんが会社の都合で海外赴任するときは、一般的に住所地は日本に置いたままですよね、そんな場合は会社員は2号のまま、扶養されている奥さんは3号のままなので、合算対象期間にはなりません

no-img2.png
ケンタくん

他には?

no-img2
ケイコ先生

他にも、山のようにあります
でも、余り気にしなくてもいいですよ

no-img2.png
ケンタくん

何で?

no-img2
ケイコ先生

以前は25年間必要だったけど、今は10年でよくなりました

保険料を払った期間と免除や猶予を受けた期間を合わせて10年に満たない人はまれなので、万が一「足らないかも」、と思ったときに初めて気にするだけでいいですよ

Pocket

スポンサーリンク

年金質問箱

サイト内検索

スポンサーリンク