スポンサーリンク

法改正 平成29年度(2017年度)

Pocket

年金の制度

受給資格期間の短縮

平成29年9月分から(支給されるのは平成29年10月から)

老齢年金の受給資格期間が25年から10年に短縮されました。
このサイトでも折に触れて取り上げてきたように、この期間短縮は消費税が10%になったタイミングで実施されることになっていましたが、10%にするのが2度に渡り延期された影響で、期間短縮も延び延びになっていました。しかし、消費税が10%になるのを待つことなく実施される運びとなり、財源の確保がはっきりしないまま見切り発車的に、平成29年9月分の年金から適用されることとなりました。

平成29年8月時点で受給資格期間が10年以上25年未満であった人は平成29年8月に受給権を取得、翌月の9月分の年金から支給されますが、その前に遡っては支給されません。

対象年金

老齢基礎年金、老齢厚生年金、及び特別支給の老齢厚生年金の受給資格期間と、寡婦年金の受給要件が短縮されます。

改正前は保険料納付済期間、保険料免除期間、合算対象期間(注1)を合わせて25年以上が必要でしたが、改正によりこの年数が10年になります。

注1)寡婦年金と合算対象期間

寡婦年金については受給権を得るための年数に合算対象期間を算入することはできません。

クレジットカードによる前納

平成29年度から

国民年金の保険料の2年分前納をクレジットカードでもできるようになりました。

Pocket

スポンサーリンク

年金質問箱 生命保険、遺族年金、生活、万が一に備える

サイト内検索

スポンサーリンク