スポンサーリンク

国民年金の第2号被保険者と厚生年金被保険者

Pocket

概要

一般に厚生年金加入者(会社勤めの人)が国民年金の第2号被保険者と言われています。65歳になる前まではその考えで間違いありませんが、65歳以降は正しくありません。

第2号被保険者を正しく定義すると、「厚生年金の被保険者。但し、65歳以上の人は老齢年金の受給要件である受給資格期間を満たしていない人に限る」となります。

また、厚生年金の被保険者にも年齢制限があり、70歳になると資格を喪失します。

従って、65歳以上70歳未満の厚生年金加入者(会社員)は、このようになります。

受給資格期間を満たした人:厚生年金の被保険者のみ

受給資格期間を満たしていない人:国民年金の第2号被保険者、かつ、厚生年金の被保険者

65歳時点で受給資格期間を満たしていないため国民年金の第2号被保険者であった人は、満たした時点で第2号被保険者から外れることになります。

70歳以降の厚生年金被保険者

70歳になると厚生年金の被保険者からも外れますが、老齢年金の受給資格期間を満たしていない人が申し出を行うことによって、厚生年金の高齢任意加入被保険者になることができます(事業主の同意が必要となることもあります)。

注意点

このように「厚生年金の被保険者期間=国民年金の第2号被保険者」とならない期間があるので、注意しなければならないことがあります。

65歳以降の障害年金

65歳以降に初診日がある障害の場合、第2号被保険者から外れているときには国民年金の被保険者に該当しないため障害基礎年金は支給されません。一般的に障害等級1級もしくは2級に該当する障害厚生年金の受給者は、合わせて障害基礎年金も支給されますが、この場合には障害厚生年金のみになります。(65歳以降の初診日において、受給資格期間を満たしていないため第2号被保険者であったときには障害基礎年金も支給されます。)

第3号被保険者との関係

国民年金の第3号被保険者「第2号被保険者に扶養されている20歳以上60歳未満の配偶者」です。厚生年金の被保険者に扶養されている配偶者ではありません。そのため、夫が65歳になって第2号被保険者から外れたら、そのまま会社員として働き続けて厚生年金の被保険者であったとしても、妻は第3号被保険者から外れて第1号被保険者となります。

年金との関わり

厚生年金の被保険者期間及び第2号被保険者期間と老齢年金の関係

老齢年金(老齢基礎年金、老齢厚生年金)

20歳以上60歳未満の期間は保険料納付済期間となり、老齢基礎年金の額に反映されます。

その他の期間、つまり20歳未満と60歳以上の期間は合算対象期間(カラ期間)(図表に示したAの期間)になるので、老齢基礎年金には反映されませんが、経過的加算の対象となります。(上限あり、詳しくは経過的加算のページで確認してください。)

老齢厚生年金の報酬比例部分については、厚生年金被保険者期間の全期間を通じて計算の元となります。つまり、報酬比例部分には上限がありません。

なお、保険料納付済期間と合算対象期間のいずれも、老齢年金の受給要件となる受給資格期間には算入されます。

障害年金と遺族年金

障害年金と異なり、厚生年金の被保険者期間の全期間を通して保険料納付済期間となります。

Pocket

スポンサーリンク

サイト内検索

スポンサーリンク