スポンサーリンク

年金の3号分割(詳細)

Pocket

3号分割の制度名称は「被扶養配偶者である期間についての特例」といいますが、一般には3号分割という制度名称が使われています。
そのため、このサイトでは3号分割という名称を用いて説明を行います。

用語の定義

特定被保険者

3号分割において標準報酬を受け渡す第2号被保険者であった人を指します。

被扶養配偶者

3号分割において標準報酬を受け取る第3号被保険者であった人を指します。

特定期間

特定期間とは3号分割の対象となる期間、具体的には平成20年4月以降で、被扶養配偶者が第3号被保険者であった期間を指します。

3号分割の要件

平成20年4月以降の第3号被保険者期間だけが対象となるので、該当する期間が婚姻中に存在しなければならないのはもちろんですが、ほかにも要件があります。

障害厚生年金との関係

特定被保険者が障害厚生年金の被保険者で、特定期間がその年金額の計算の基礎となっている場合、3号分割によって障害厚生年金が減ってしまうことになります。このようなことにならないように、特定期間の全部もしくは一部が特定被保険者が受給する障害厚生年金の計算の基礎となっているときには3号分割を請求することができません。

離婚、婚姻の取消後でなければ請求できない

離婚時の年金分割だから当たり前だと思われるかもしれません。しかし、この3号分割制度は婚姻中に獲得した財産については夫と妻が同じだけの貢献をしているという考えに基づいているはずです。それなのに離婚しなければ請求できないのは矛盾が無きにしもあらずです。

分割の対象となる標準報酬と分割割合

特定期間における特定被保険者の標準報酬(標準報酬月額及び標準賞与額)の2分の1が被扶養配偶者のものになります。具体的には保険料納付記録が書き換えられて年金額に反映します。

3歳に満たない子を養育する期間

3歳に満たない子を養育する特定被保険者の標準報酬月額が減額前の標準報酬月額となっているときには、この減額される前の標準報酬月額の2分の1が分割されます。

(参考:3歳に満たない子を養育する被保険者の標準報酬月額の特例)
3歳未満の子を養育する厚生年金被保険者の標準報酬月額が養育する前よりも下がった場合には、特例として下がる前の標準報酬月額で年金額が計算されます。

被扶養配偶者みなし被保険者期間

3号分割を受けた期間の被扶養配偶者は第3号被保険者です。しかし標準報酬を受け取った月は厚生年金の被保険者期間でなければ厚生年金の額を正しく計算できません。そのためこの3号被保険者の期間は同時に被扶養者みなし被保険者期間として厚生年金の額を計算します。被扶養配偶者みなし被保険者期間の内容は合意分割のみなし被保険者期間と同様です。

在職老齢年金との関わり

3号分割によって標準賞与額が受け渡されたとき、在職老齢年金の適用を受けていれば、その標準賞与が増えたことにより減額が大きくなることがあります。そのため、在職老齢年金の支給停止額を計算する際の総報酬月額相当額には3号分割によって増加した標準賞与額をふくめません。

3号分割の請求

請求者

3号分割の請求ができるのは被扶養配偶者です。特定被保険者側からの請求はできません。なお、請求にあたり特定被保険者の同意等は必要ないことが、この3号分割制度最大の特徴です

請求の期限

原則として離婚をした日の翌日から2年以内に請求をしなければなりません。但し、
①請求前に特定被保険者が死亡したときは、死亡日から1ヶ月以内に請求しなければなりません。
②離婚から2年を経過しても、調停等が確定した日の翌日から1ヶ月以内であれば請求することができます。

合意分割との関わり

年金の合意分割を請求する際、婚姻期間に3号分割の対象となる期間があれば、3号分割の請求分割の請求も同時にされたとみなされ、その3号分割の結果を基にして合意分割が行われます。但し、その3号分割の対象となる期間が特定被保険者が受給権を持つ障害厚生年金の計算の基礎となっているときには、3号分割は行われません。

年金額への反映

老齢厚生年金

老齢厚生年金を受給中の人は3号分割の請求があった日の翌月から、新たな年金額に改定されます。離婚時等に遡ることはありません。そのため、離婚時から最低でも2年間は請求が可能でも、(年金が増える側にとっては)請求は早いにこしたことはありません。

障害厚生年金

老齢厚生年金と同様に請求日の翌月から年金額が改定されます。但し、300月みなしが適用されている場合で、分割を受けることにより逆に年金が減額になるときには改定されません。

遺族厚生年金

みなし被保険者期間のみの老齢厚生年金の受給権者が死亡したときでも、他の要件を満たせば遺族に対して遺族厚生年金が支給されます。

Pocket

スポンサーリンク

サイト内検索

スポンサーリンク