スポンサーリンク

障害年金の併合認定:はじめて2級(基準障害)

Pocket

複数の異なる障害を合わせて障害認定することを障害の併合認定といいます。ここではそのうちのはじめて2級について取り上げます。

はじめて2級の概要

はじめて2級による障害年金は、正式には基準障害による障害年金といいますが、はじめて2級の方が現在では一般的に使われ、厚生労働省も用いているようなので、ここでははじめて2級という名称を用いて説明します。

はじめて2級とは、前発の障害と後発(基準障害といいます)の障害を併合してはじめて2級以上の障害状態となるときの障害年金で、その特徴は以下のとおりです。

前発障害が2級以上に該当したことがない

併合される障害のうち、初診日が先の障害(前発障害)が2級以上に該当したことがないことが要件です。従って前発障害は、
・3級に満たない障害
・1級もしくは2級に該当したことがない3級
のいずれかであることが要件となります。

はじめて1級になることもある

前発の障害と後発の障害(基準障害といいます)を併合して、ごくまでれはありますが1級の障害になることもあります。この場合は「はじめて1級」となります。

後発が単独で2級のとき

後発の基準障害が単独で2級である場合でも前発と併合して1級になれば「はじめて1級」に該当します。

但し、前発障害と併合しても2級のままのときは、はじめて2級には該当しません。

受給要件

後発の傷病(基準傷病といいます)について保険料納付要件初診日要件を満たしていなければなりませんが、前発の傷病についてはこれらの要件を満たす必要がありません。

ちなみに、前発の障害について3級の受給権があるときにはこの受給権も存続するので、前発の3級と併合によるはじめての2級(1級)との選択となります。

受給権の発生と請求期限、支給開始の関係

受給権の発生期限と請求期限を分けて考える必要があります。
はじめて1級もしくは2級に該当したときに受給権が発生します。これには期限があり、65歳になる前(65歳誕生日の前々日)に受給権が発生していなければなりません。

請求は65歳以降でも可能ですが支給については、受給権が発生したときに遡ること(遡及請求)はできないので、請求の翌月からになります。

はじめて2級の請求期限
Pocket

スポンサーリンク

サイト内検索

スポンサーリンク