スポンサーリンク

65歳になったときの年金の手続きと注意事項

Pocket

ポイント

老齢年金は原則として65歳からの支給となりますが、生年月日等の一定の要件を満たす人は60歳代前半(特別支給)の老齢厚生年金を、早い人は60歳から受給することができます。そのような人は65歳になると特別支給の老齢厚生年金が失権となり、65歳から支給される本来の老齢年金の請求が必要になりますが、65歳からの老齢年金を受給する際の手続きは簡易なもので済むので、65歳になって初めて老齢年金を受給する人とは異なったものとなります。

支給開始を66歳以降に繰下げて年金額を増やしたい人は、うっかり請求してしまわないように注意してください。

60歳代前半(特別支給)の老齢厚生年金を受給していた場合

請求手続き

65歳の誕生日月にはがき形式の年金請求書(国民年金・厚生年金保険 老齢給付裁定請求書)が誕生日月に送付されてきます。これに必要事項を記入の上、返送すれば65歳からの老齢年季の請求手続きとなり、誕生日(正確には誕生日の前日)月の翌月から老齢基礎年金と65歳からの本来の老齢厚生年金が支給されます。

特別支給の老齢厚生年金を受給する際に請求の手続きを既に行っているので、65歳から受給するための手続きは簡単なもので済みます。

支給開始の繰下げを希望するとき

繰下げを希望するときには繰下げ希望欄に○をつけて返送します。老齢年金はどちらか片方だけを繰下げることも可能なので、希望欄は「老齢基礎年金のみ繰下げ希望」、「老齢厚生年金のみ繰下げ希望」の2つがあります。一方のみの繰下げを希望するときはいずれかを○で囲むことで指定しますが、どちらも繰下げるときにはこのはがきを返送しません。

繰下げの請求

繰下げた年金を請求するときは65歳からの年金裁定請求するときに「繰下げ請求書」によって繰下げ請求を同時に行います。提出した月の翌月から繰下げによって増額となった年金を受け取ります。但し1年(12月)以上繰下げないと年金の増額はありません。12月未満の場合は増額のない年金を65歳到達時まで遡って受け取ることになります。

65歳以降になってはじめて年金を受給する人

65歳以降になってはじめて年金を受給する人、すなわち、
①厚生年金の加入期間がない
②厚生年金の加入期間が1年未満
③生年月日が昭和36年4月2日(女性は昭和41年4月2日)以降
いずれかに該当する人は新規で老齢年金を裁定請求します。

「年金に関するお知らせ(はがき形式)」が送付されます。これは受給権があることを伝えて年金のもらい忘れを防ぐための連絡です。その後に年金請求書が送付されてくるので、この請求書を用いて老齢年金の裁定請求を行います。

繰下げの請求

66歳以降の繰下げ年金の受け取りを希望するときに新規の裁定請求と繰下げ請求書を同時に提出します。

請求の受付開始時期

年金の請求書は65歳の誕生日前日からしか受け付けてもらえません。一方で請求から支給決定まで50日ほど必要となっているようです。請求が遅れて年金が少なくなるようなことは(5年の時効に該当しない限り)ありませんが、少しでも早く年金を受け取りたい人は早めに提出を済ませておくのがよいでしょう。

繰下げについて

年金の繰下げについてはメリット、デメリット、注意事項がいくつかあるので、そちらも合わせて考慮の上、繰下げについて検討してください。

Pocket

スポンサーリンク

サイト内検索

スポンサーリンク