スポンサーリンク

年金の合意分割(詳細)

Pocket

このページでは合意分割について詳細に説明していますが、ある程度の年金の知識がなけれが理解できないものになっています。難しいと感じたら下記のリンクページを参照してください。

用語の説明

対象期間

年金分割の対象となる期間を指し、具体的には合意分割の場合は婚姻期間が対象期間となります。なお、合意分割は平成19年4月1日以降に離婚した場合にしかできませんが、この日より前の婚姻期間も対象期間となります。一方3号分割では平成20年4月1日以降の婚姻期間で第3号被保険者期間に該当する期間が対象となり、特定期間といわれています。

対象期間標準報酬総額

対象期間の標準報酬月額と標準賞与額の総額を対象期間の末日における再評価率を用いて再評価したもので、離婚する両者それぞれにつき算定されます。

対象期間に平成15年4月1日前の期間があるときは、同日前の期間の標準報酬月額の総額に1.3を掛けた額とその日以降の期間の標準報酬月額と標準賞与額の総額との合計を、対象期間の末日における再評価率を用いて再評価したものとなります。

第1号改定者

離婚した夫婦のうち、対象期間標準報酬総額の多い方(3号分割適用後)を指します。

第2号改定者

離婚した夫婦のうち、対象期間標準報酬総額の少ない方(3号分割適用後)を指します。

Step1:3号分割の適用

合意分割を申請したときには、同時に3号分割についても申請がされたとみなされ、3号分割の結果を元に合意分割の基礎である按分割合が決められます。

Step2:按分割合の決定

按分割合の範囲

分割前の第1号改定者の対象期間標準報酬総額÷(分割前の第1号改定者の対象期間標準報酬総額+分割前の第2号改定者の対象期間標準報酬総額) < 按分割合 ≦ 2分の1

「按分割合=総額に占める年金分割後の第2号改定者の割合」である点がポイントです。

按分割合は、それぞれの対象期間標準報酬総額の合計に占める第2号改定者の割合を、両者が協議して決定をします。上記の式が示すとおり、第2号改定者(少ないほう)の額を増やす方向でしか按分割合は決められません。また、最大でも2分の1、つまり両者の対象期間標準報酬総額が等しくなるのが上限で、それを超えて第2号改定者の額を増やすことはできません。

Step3:改定割合の算定

改定割合算定式①
按分割合-分割前の第2号改定者の対象期間標準報酬総額÷分割前の第1号改定者の対象期間標準報酬総額×(1-按分割合)

改定割合算定式②
按分割合-按分割合×変換率+変換率

変換率
第2号改定者の再評価率で再評価した第1号改定者の対象期間標準報酬総額÷第1号改定者の対象期間標準報酬総額

改定割合とは決定された按分割合に従って第2号改定者へ渡される、第1号改定者の対象期間標準報酬総額の割合です。例えば改定割合が0.2であれば、第1号改定者の対象期間標準報酬総額の20%を第2号改定者に引き渡すことになります。

この改定割合を求める式は上記の3つに分解すると分かりやすくなります。
まず①の部分、これが改定割合を求める本体の部分となります。複雑そうに見えますが、単純な1次方程式で改定割合を導き出しているだけです。

それぞれの対象期間標準報酬総額は再評価後のものです。そのため再評価によって増加した対象期間標準報酬総額が(相手方のものより)多くなると分割される額も増えてしまいます。その再評価による影響を取り除くために①の改定割合を②の式で割り、最終的な改定率を求めます。

以上、最終的な改定割合は①と②を合わせたもので、算定式は
[按分割合-分割前の第2号改定者の対象期間標準報酬総額÷分割前の第1号改定者の対象期間標準報酬総額×(1-按分割合)]÷(按分割合-按分割合×変換率+変換率)]
となります。

Step4.標準報酬の改定

対象期間の各月につき、双方の標準報酬月額と標準賞与額が改定されます。

(第1号改定者)
改定後の標準報酬月額:改定前の第1号改定者の標準報酬月額×(1-改定割合)
改定後の標準賞与額:改定前の第1号改定者の標準賞与額×(1-改定割合)

(第2号改定者)
改定後の標準報酬月額:改定前の第2号改定者の標準報酬月額+改定前の第1号改定者の標準報酬月額×改定割合
改定後の標準賞与額:改定前の第2号改定者の標準賞与額+改定前の第1号改定者の標準賞与額×改定割合

対象期間の全てのそれぞれの月について同じ割合(改定割合)で、第1号改定者から第2号改定者への受け渡しが行われます。もちろん第2号改定者の方が元々多い月についても行われますし、改定により単月では第2号改定者の方が多くなることもありえます。

離婚時みなし被保険者期間

第2号改定者が厚生年金の被保険者でなかった月について標準報酬の受渡されたとき、その月は離婚時みなし被保険者期間として厚生年金に反映させます。

Pocket

スポンサーリンク

年金質問箱

サイト内検索

スポンサーリンク