スポンサーリンク

年金の審査請求と再審査請求による不服申立て

Pocket

審査請求と再審査請求の流れ

不服申立ての概要

被保険者の資格、標準報酬、保険給付の決定について不服があるときにはまず審査請求を行い社会保険審査官が審査を行い、その決定も不服であれば、再審査請求によって社会保険審査会が審査する二審制になっています。

これに対して、保険料や滞納処分に関して不服のあるときには社会保険審査官の審査を経ずに社会保険審査会で審査される一審制となっています。

社会保険審査官による審査

社会保険審査官に審査請求するときには、処分があったことを知った日(処分の通知を受け取った日)から60日以内に文書または口頭で請求をします。

審査請求書を受け取った社会保険審査官は提出された審査請求書や添付書類に基づいて不服申立ての妥当性を審査して、60日以内に結果を申請者に通知することになっていますが、実際には60日以上かかっているようです。

なお、審査請求日から60日以内に決定の通知がなければ、審査請求が棄却されたものとみなして、次のステップである社会保険審査会へ再審査請求することができるとされています。

社会保険審査会による審査

社会保険審査官の審査に不服があり再審査請求するときや保険料や滞納処分に関する不服は、社会保険審査会で審査されます。社会保険審査官による審査は審査官が一人で審査、処分決定をするの対して、審査会では国が選定した委員の合議によって決定が下されます。その審理過程は原則として公開で、請求人や代理人も同席して意見陳述することができますが、裁判ではないので出欠は自由です。

ただし、審査の会場は東京の厚生労働省です。そのため、地方に居住している人は交通費や宿泊費を自分で負担しなければなりません。

審査の結果についてはその場で知らされることはなく、後日、決裁書が送付されてきます。その内容にも不服があるときには行政訴訟で争うことになります。

行政訴訟

請求が棄却、却下、あるいは決定に不服があるときには裁判(行政訴訟)になりますが、この場合は6ヶ月以内に地方裁判所に提訴しなければなりません。また、この処分取り消しの訴えは、社会保険審査会の決済を経た後でなければなりません。

また、審査請求や再審査請求では、社会保険労務士が代理人を務めることが一般的ですが、行政訴訟では弁護士しか代理人になることができません。

Pocket

スポンサーリンク

サイト内検索

スポンサーリンク