スポンサーリンク

障害認定日に認定されるメリット

Pocket

障害年金の障害が認定される日は大きく①障害認定日、②障害認定日後の2つに分かれます。(後者は事後重症と言われます。)

障害認定日において障害が認定されると事後重症と比べてメリットがあります。

メリット1:いつでも請求可

障害認定日の時点で障害があることが認定されれば、例え65歳以降でも老齢基礎年金を繰上受給していても障害年金の受給権が発生します。

それに対して事後重症の場合は重症化して障害等級に該当しても65歳以降は障害年金を請求することができません。また、老齢基礎年金を繰上請求したときは65歳前であっても同様に請求ができなくなってしまいます。

メリット2:障害認定日に遡って支給される

障害認定日で障害が認定されると、障害年金が障害認定日の翌月から遡って支給されます。但し年金の請求には時効があるので、最長で5年分の障害年金を請求の翌月に受給することができます。

一方、事後重症のケースでは過去に遡って年金が支給されることはなく、支給されるのは請求の翌月分からになります。

このように障害認定日時点での認定にはメリットがあり、まずは認定日認定を目指し、それが難しいようであれば事後重症による請求をすることになります。

認定日認定の要件

障害認定日での障害認定を受けるためには、障害認定日から3ヶ月以内の診断書が必要となり、それによって障害状態であることが認められればよいわけです。

障害認定日と受給できる年金の関係

これがあれば何年経過していても請求ができますが、逆になければ制約のある事後重症による請求しかできなくなってしまいます。障害認定日についての認識がなく、事後重症でしか請求できない人も多いと思われます。

従って障害年金を受給できる可能性がある人はまず初診日をしっかりと確定した上で(初診日が確定できなければ障害認定日も決まりません)、必ず障害認定日から3月以内の診断書を取得しておかなければなりません。

このことで、場合によっては支給額に何百万円もの差がついてしまいます。十分に注意してください。

Pocket

スポンサーリンク

サイト内検索

スポンサーリンク