スポンサーリンク

国民年金の保険料の納付期限と強制徴収の関係

Pocket

保険料の納付期限は翌月末

国民年金の保険料は翌月末までに納めなければなりません
例えば、2014年の2月分の保険料は2014年3月31日までに納める必要があります。

但し、月の末日が休日や祝日のときには、その次の月の最初の平日となります。

これと混同されやすいのが保険料の徴収期限です。
保険料の徴収は2年で時効になります。つまり上記の例だと2016年の3月末が徴収期限でその後は時効となり保険料を納めることができなくなります。(平成30年9月までは後納制度によって過去5年分の保険料を納めることができます。)

督促と強制徴収

したがって、この例の場合だと、2014年4月になっても保険料が納められていなければ未納扱いとなり、督促を経て強制徴収(財産の差押)になってしまう可能性があります。現在は翌月末の納付期限が到来したら即、督促となるわけではありませんが、督促までの期間を短くすることが検討されているようです。くれぐれもご注意ください。

Pocket

スポンサーリンク

サイト内検索

スポンサーリンク