スポンサーリンク

1人1年金の原則と例外

Pocket

年金の受給は1人1年金が原則ですが、例外もあります。(むしろ例外だらけです)
ここでは、この原則と例外について詳しく見ていきます。

1人1年金の原則

年金は1人で1年金が原則です。従って、2つ以上の年金の受給件を取得した場合は、いずれかを選択し、選択しなかった年金は支給停止となります。

例えば、子のある妻が障害基礎年金を受給している最中に配偶者である夫が死亡した場合、要件を満たせば遺族基礎年金を受給することができますが、両方を受給することはできません。年金額の多い方を自分で調べて選択しなければなりません。

1人1年金の例外

上記の例外として年金が併給されるケースもあります。

支給事由が同じ場合

同一の支給事由であれば1階部分の基礎年金と2階部分の厚生年金は併給されます。

支給事由が同じ場合の併給

支給事由(自身の老齢、自身の障害、遺族の死亡)が同一なのでこれらの年金は併給が可能となります。

このようなパターンで基礎年金と厚生年金が支給されるのは当たり前だと考える方も多いと思いますが、実は例外的な支給という位置づけになっています。

支給事由が異なる場合

一方で、支給事由が異なっていても併給が認められるケースもあります。

障害基礎年金との併給

障害基礎年金を受給している人は65歳以降になれば、老齢厚生年金もしくは遺族厚生年金と併給することができます。

老齢基礎年金と遺族厚生年金の併給

老齢基礎年金と遺族厚生年金は65歳以降になれば併給することができます。

但し、このような場合は自身の老齢厚生年金と遺族厚生年金との間で支給調整が行われます。

その他のケース

老齢基礎年金に加算される付加年金
老齢厚生年金、障害厚生年金に加算される加給年金

Pocket

スポンサーリンク

サイト内検索

スポンサーリンク