スポンサーリンク

遺族厚生年金の額:概算

Pocket

遺族厚生年金の受給要件には短期要件長期要件があり、どちらに該当するかによって支給額が変わります。

参照リンク

短期要件、長期要件については下記ページの遺族厚生年金の死亡日要件を参照してください。

参照リンク

遺族厚生年金額について詳しく知りたい方は下記のリンクを参照してください。

概算による遺族厚生年金の計算例

事例

  • 厚生年金被保険者期間:10年(120月)
  • 10年間の平均年収:400万円

短期要件による遺族厚生年金の概算額

400万円×25年×0.55%×(3/4)
=約41.2万円

ポイントは300月みなし

遺族厚生年金の概算額は、厚生年金の被保険者期間の給与・賞与総額の0.55%に勤務年数と4分の3を掛けた額となります。
但し、短期要件を満たしたときで被保険者期間が300月(25年)に満たない場合は、300月とみなされます。したがって、この事例では10年しか働いていない(被保険者期間がない)にもかかわらず、300月(25年)分の収入で遺族厚生年金の額が計算されます。

この点について分かりにくければ、下記の「長期要件しか満たさない事例」と受給額を比較してみてください。

長期要件しか満たさない遺族厚生年金の概算額

400万円×10年×0.55%×(3/4) 
=約16.5万円

長期要件による遺族厚生年金は短期要件によるものと異なり、300月分の最低保障がありません。従って、計算の基礎なる総収入は、実際額である10年分、つまり上記の計算式によって算定されます。

よって、極端な場合では計算の基礎となる給与額が1月分の場合もありえます。

Pocket

スポンサーリンク

サイト内検索