スポンサーリンク

65歳からの遺族厚生年金と老齢厚生年金の調整

Pocket

65歳以降の年金支給パターン

老齢厚生年金と遺族厚生年金の受給権がある65歳以降の人は、自分の老齢厚生年金との調整があり、遺族厚生年金の一部もしくは全部が支給停止となります。一方、老齢基礎年金は全額が支給されます。

(ちなみに、65歳になる前はいずれかの選択です)

老齢厚生年金が受給できない人

遺族厚生年金を全額受給できます。

老齢厚生年金が受給できる人

以下の3つを比較して、最も多い額の年金が支給されます。

  • 1.老齢厚生年金の額
  • 2.遺族厚生年金の額
  • 3.老齢厚生年金の2分の1+遺族厚生年金の3分の2 *1

*1)3番目のパターンが選択できるのは、配偶者が死亡したときに支給される遺族厚生年金のみです

2と3の場合、老齢厚生年金が全額支給された上で、差額が遺族厚生年金から支給されることになります。

支給例

老齢厚生年金:60万、遺族厚生年金:30万円

老齢厚生年金の2分の1と遺族厚生年金の3分の2の合計:50万円、
従って、最も多いのが老齢厚生年金の額となり、老齢厚生年金から60万円が支給されて、遺族厚生年金は全額支給停止となります。

老齢厚生年金:30万、遺族厚生年金:60万円

老齢厚生年金の2分の1と遺族厚生年金の3分の2の合計:55万円、
従って、最も多い遺族厚生年金の額が支給額となります。老齢厚生年金は全額の30万円が支給され、総額との差額である30万円が遺族厚生年金から支給されます。

老齢厚生年金:50万、遺族厚生年金:60万円

老齢厚生年金の2分の1と遺族厚生年金の3分の2の合計:65万円、
従って最も多い、この65万円が支給額となります。老齢厚生年金は全額の50万円が支給され、総額との差額である15万円が遺族厚生年金から支給されます。

Pocket

スポンサーリンク

年金質問箱

サイト内検索

スポンサーリンク