スポンサーリンク

障害認定日における障害年金請求

Pocket

障害年金は障害状態と認定された時が障害認定日か、それとも障害認定日後かの違いにより、障害年金の支給形態が異なります。
ここでは障害認定日において障害状態と認定されたときについてお話します。なお、障害認定日には障害状態に該当せず、後日障害状態に至ったときには事後重症として請求をします。

障害認定日とは

障害年金の障害認定日

障害認定日とは、
初診日から1年6月経過した日
障害の状態が固定(これ以上の回復が見込めない)
上記いずれかの早い方が障害認定日となります。

障害認定日の例外

・初めて人工透析を受けた日から3カ月を経過した日
・人工骨頭又は人工関節をそう入置換した日
・心臓ペースメーカー、植え込み型除細動器、人工弁を装着した日
・人工肛門、新膀胱、尿路変更術を造設又は手術を施した日
・肢体が切断又は離断した日(障害手当金は創面が治癒した日)
・喉頭を全摘出した日
・在宅酸素療法を開始した日

注意点

障害認定日は「障害が認定された日」ではありません。障害状態(1級、2級、3級)に該当しているかを判定する日です。
障害認定日時点で障害状態であると認められると障害認定日請求による障害年金が受給できることになります。

障害認定日請求(本来請求と遡及請求)

障害年金の請求時期

障害認定日において障害状態であるとして障害年金を請求することを障害認定日請求といいます。

障害認定日請求のうち、障害認定日から1年以内(図表のAの期間)に請求することを本来請求、経過後(図表のBの期間)に請求することを遡及請求といいます。この遡及請求には請求の期限がありません。事後重症のように65歳になる前まで請求しなければならないといった制約がないのはもちろん、死亡後であっても遺族等が請求することができます

本来請求と遡及請求では請求時に必要な診断書が一部異なります。詳しくは下記のリンクページを参照してください。

障害年金の受給開始時期

障害認定日において障害状態を認定されたときには、障害認定日の属する月の翌月から支給されます。

なお、下記の事後重症による請求の場合は、請求の翌月からとなります。

障害年金の支給開始時期と請求期限については下記のリンクページを参照してください

(参考)障害認定日後の事後重症による請求

障害認定日の時点では障害等級に該当していなくても、後に悪化して障害状態になった場合には事後重症として、認定された日が属する月の翌月から障害年金が支給されます。但し、65歳になる前に請求をしなければなりません。

参照リンク

Pocket

スポンサーリンク

サイト内検索

スポンサーリンク