スポンサーリンク

障害認定の対象となる体の部位

Pocket

障害等級の認定基準は、障害等級の項で概要をお話ししたとおりですが、実際には障害の原因となりうる疾病等は多岐に渡っているので、このような単純な判断指標だけでは正しく認定することはできません。

そこで、厚生労働省では「国民年金・厚生年金保険 障害認定基準」を、障害の発生部位毎に細かく定めています。対象の部位の一覧を示すと、

  • 第1節 眼の障害
  • 第2節 聴覚の障害
  • 第3節 鼻腔機能の障害
  • 第4節 平衡機能の障害
  • 第5節 そしゃく・嚥下機能の障害
  • 第6節 言語機能の障害
  • 第7節 肢体の障害
  • 第8節 精神の障害
  • 第9節 神経系統の障害
  • 第10節 呼吸器疾患による障害
  • 第11節 心疾患による障害
  • 第12節 腎疾患による障害
  • 第13節 肝疾患による障害
  • 第14節 血液・造血器疾患による障害
  • 第15節 代謝疾患による障害
  • 第16節 悪性新生物による障害
  • 第17節 高血圧症による障害
  • 第18節 その他の疾患による障害
  • 第19節 重複障害

障害年金といえば事故で手足が不自由になったときに支給されるものとのイメージが強いようですが、全身の様々な疾病に対して支給されるものであると、ここからもお分かりいただけるはずです。

但し、どのような疾病や障害であれ、1級は常時介護が必要、2級は日常生活が著しく制限される、3級は労働に大きな制約がある、という判定基準は、ほぼ共通しているようです

この基準は当然のことながら医学的見地からの説明なので、私たちにはなじみのない用語が多用され分かりずらいものになっていますが、精神障害の項は比較的分かりやすい説明で、しかもかなり詳細な障害認定基準が示されています。うつ病等で悩まれている方は、もしかしたら障害等級に該当して、障害年金を受給できるかもしれません。下記のリンクから一度ご覧になってください。

外部リンク(日本年金機構)

Pocket

スポンサーリンク

年金質問箱

サイト内検索

スポンサーリンク