スポンサーリンク

老齢年金支給繰上の詳細

Pocket

65歳から支給される老齢基礎年金と老齢厚生年金は、老齢年金の受給要件を満たせば60歳から65歳になる前までの間に支給を繰り上げることができますが、以下の点に注意が必要です。
なお、この章では生年月日が昭和24年(女性は昭和29年)4月2日以降の方を対象に説明します。

厚生年金の加入期間がない場合

老齢厚生年金は受給できないので、老齢基礎年金だけを繰上ます。

60歳から(つまり60月)繰上げた場合

60歳から5年間の老齢基礎年金繰上

厚生年金の加入期間がある場合

昭和24年4月2日~昭和28年4月1日生まれの男性

昭和29年4月2日~昭和33年4月1日生まれの女性

60歳から老齢厚生年金が支給されるので、繰上の対象となるのは老齢基礎年金のみになります。下の図では60歳からの支給例を示していますが、60歳から65歳になる前(繰上月数60月~1月)の間で繰上を請求することができます。

60歳から(つまり60月)繰上げた場合

60歳から老齢厚生年金が支給される場合の繰上

昭和28年4月2日~昭和36年4月1日生まれの男性

昭和33年4月2日~昭和41年4月1日生まれの女性

この年代の人は繰上のタイミングが60歳代前半の老齢厚生年金の支給開始年齢の前か後かによって変わってきます。

老齢厚生年金の受給開始年齢前に繰上げる場合

老齢厚生年金と老齢基礎年金を同時に繰上げることになります。

63歳から老齢厚生年金支給で61歳から繰り上げた場合
63歳から老齢厚生年金が支給される場合の繰上

老齢厚生年金の受給開始年齢以後に繰上げる場合

老齢基礎年金のみ繰上げます。

61歳から厚生年金支給で61歳から繰り上げた場合
61歳から老齢厚生年金が支給される場合の繰上

昭和36年4月2日以降生まれの男性

昭和41年4月2日以降生まれの女性

この年代の人の老齢厚生年金は65歳からの支給となるので、60歳から65歳になる前の間で老齢厚生年金と老齢基礎年金を同時に繰上げます。

61歳から繰り上げた場合

63歳以降に老齢厚生年金が支給される場合の繰上

繰上による減額

ひと月繰り上げると年金額が0.5%減額され、60月繰り上げると、0.5%×60月(5年)で、30%が減額されます。なお、65歳以降も引き続き、生涯減額となります

63歳から厚生年金支給で61歳から繰り上げた場合の減額

63歳から老齢厚生年金が支給される場合の繰上

老齢厚生年金の減額

61歳から63歳になる前までの24月、つまり
24月 × 0.5% = 12%の減額が生涯続く

老齢基礎年金の減額

61歳から65歳になる前までの48月、つまり
48月 × 0.5% = 24%の減額が生涯続く

繰上受給の注意点

年金を繰上げることによって様々な制約があります。繰上を検討する際には必ずチェックしてください。

Pocket

スポンサーリンク

年金質問箱

サイト内検索

スポンサーリンク