スポンサーリンク

60歳から支給される高年齢再就職給付金

Pocket

60歳以降も継続して働く人が、労働条件の変更などによって賃金がそれ以前より低下したとき一定の要件を満たした雇用保険の被保険者に対して高年齢雇用継続給付が支給されます。年金ではありませんが、60歳以降も働いている多くの人が受給するもので、老齢厚生年金の減額もあるので詳しく解説します。

高年齢雇用継続給付の種類2

高年齢雇用継続給付には、60歳になる前から継続して就業する人に支給される高年齢雇用継続基本給付金と離職した人が60歳以降に再雇用される場合に支給される高年齢再就職給付金の2つの給付金があります。

ここでは高年齢再就職給付金について解説します。

高年齢再就職給付金の概要

支給要件

高年齢再就職給付金の支給要件
  • 60歳に達した日、もしくは離職日の賃金と比べて、75%未満に低下
  • 基本手当(失業手当)の支給要件となった被保険者期間が5年以上であること
  • 基本手当を受給し、その支給残日数が100日以上であること
  • 60歳以降に安定した職業(雇用される期間が1年を超えることが見込まれる)に再就職したこと

基本手当とは失業して求職中にハローワークで手続きをして受給する、一般的には失業手当と言われているものです。

離職して基本手当(失業手当)を受給し、その後再就職したときの賃金が60歳、もしくは離職したとき(いずれも直近6ヶ月平均)の多い額と比較して75%未満に低下したときに高年齢再就職給付金が支給されますが、基本手当の支給残日数が100日以上あることが必要です。

また、雇用保険の再就職手当が受給できる場合は選択となり、いずれか一方しか受給できません。

支給期間

基本手当の支給残日数が100日以上200日未満の場合は1年、200日以上のときは2年ですが、支給は65歳までとなります。

支給残日数が200日以上の場合の事例

高年齢再就職給付金の支給期間の事例1
高年齢再就職給付金の支給期間の事例2
高年齢再就職給付金の支給期間の事例3

支給額

高年齢雇用継続基本給付金の支給額と同様です。

Pocket

スポンサーリンク

サイト内検索

スポンサーリンク