スポンサーリンク

経過的加算の説明

Pocket

厚生年金被保険者期間と国民年金の関係

老齢基礎年金に加算されない厚生年金の期間

厚生年金に加入している多くの期間が老齢基礎年金に反映されますが例外もあります。経過的加算を理解するには、この点を整理しておく必要があります。

20歳以上60歳未満の厚生年金期間

この期間は、全て国民年金の第2号被保険者と厚生年金被保険者として、老齢基礎年金の額に反映される保険料納付済期間となります。ちなみに、20歳以上60歳未満の全期間に相当する480月、厚生年金に加入していれば満額の老齢基礎年金を受け取ることができます。

20歳未満、及び60歳以上の厚生年金期間

この期間は国民年金第2号被保険者になる場合とならない場合がありますが、いずれにせよ老齢基礎年金の額には反映されません。

但し、老齢基礎年金には反映されませんが、経過的加算として厚生年金の額に加算されることがあります。

(補足)昭和36年3月以前の厚生年金期間

基礎年金制度の開始は昭和36年4月です。そのためそれより前の期間は老齢基礎年金に反映させることができないので経過的加算の対象となります。

経過的加算とは

厚生年金の経過的加算の例示

老齢基礎年金から漏れた期間分を補填

厚生年金に加入している人は厚生年金の保険料を払っていますが、この保険料には国民年金の基礎年金の保険料も込みになっています。しかし、厚生年金の加入期間で老齢基礎年金に反映される期間は20歳以上60歳未満(図表ではAの期間)に限られるので、残りの期間、つまり20歳未満と60歳以上の期間(図表ではBの期間)については厚生年金から支給する、というのが経過的加算の主旨です。(但し経過的加算には上限があるので20歳未満と60歳以上の全ての期間が対象となるわけではありません。)そのため「差額加算」とも言われます。

いつから支給されるのか

老齢基礎年金との差額を補填するものなので支給開始は65歳から、つまり本来の老齢厚生年金に加算されます。

例外的に年金を繰上げ受給すると65歳になる前から加算がつくことがあります。但し極めて例外的なことなので、ここでは説明を省略します。

定額部分がなかった人にも支給されます

経過的加算について解説してあるものを読むと必ず「65歳以降は定額部分がなくなるので、定額部分と老齢基礎年金の差額を経過的加算として支給する」と説明されています。(おそらく最初に政府がそのような説明をして、何十年も引継がれているのだと思われます)

これを普通に解釈すれば、65歳になる前までの老齢厚生年金定額部分が支給されていなければ、経過的加算は支給されないと思うはずです。しかし、もちろんそのようなことはありません。60歳代前半の特別支給の老齢厚生年金で定額部分が支給されなかった人はもちろん、65歳になって初めて老齢厚生年金を受給する人にも経過的加算が加算されます。

経過的加算の上限

但し、この経過的加算には上限月数が定められていて、昭和21年4月2日以降に生まれた人は、厚生年金加入期間のうち老齢基礎年金に反映される20歳以上60歳未満の期間(図表のAの期間)と合わせて480月が上限とされています。

例えば、20歳から60歳までの全期間が厚生年金に加入であれば、それだけで既に480月(老齢基礎年金満額支給)となり、20歳前や60歳以降の期間で厚生年金の加入期間がいくらあっても経過的加算はゼロ(正確には少額の端数のみ)となります。

経過的加算の額

老齢基礎年金の満額を480(月)で割った額(約1600円)とほぼ同額、つまり、経過的加算の計算対象となった月がひと月増えるごとに、経過的加算として約1600円が老齢厚生年金に加算されます。

Pocket

スポンサーリンク

サイト内検索

スポンサーリンク