スポンサーリンク

Topics

年金の将来予想

年金の将来はどうなるのか? このサイトでも幾度となく取り上げてきましたが、改めてお話したいと思います。といってももちろん、将来のことは誰にも分かりませんし、そもそも私に将来を見通す能力があるわけでもな…

年金とデフレ

今、政府はデフレ脱却に向けて必死の努力をしています。2015年の10月から消費税を10%にするはずを2017年4月からに延期したのも、デフレが原因です。最近では「10%にするのはデフレを脱却してから」…

4月から6月の残業を減らせば本当に得か?

保険料は減らせるのか? 以前に私が勤めていた会社では、4月、5月、6月の3ヶ月間は年金の保険料を減らすために残業をセーブすれば得だ、と言われていました。この様なことは、私の会社に限らず、世間一般で広く…

マイナンバーの施行で年金はどのように変わるか

マイナンバー制度が施行されると年金がどのように変わるのかについて、多くの方が関心を寄せているようなので、現在(平成27年5月30日)時点で分かる範囲でお伝えします。なお、制度の運用についてはまだ詳細に…

日本一(?)難解な日本語

この文章、理解できますか? 年金は「一人一年金」の原則というものがあります。例えば障害厚生年金をもらっている人の夫が死亡して遺族厚生年金の受給権が発生したとします。この場合、どちらかの年金を選択して、…

Menu

特集

年金保険料未納と強制徴収

年金保険料を払えるのに払わない人に対して、財産の差し押さえなどによって強制的に保険料が徴収されるケースが増加しています。納付を促すはがき等を受け取ったら絶対に放置してはいけません。

60歳からの働き方と年金

60歳以降も継続して働く多くの人が年金を受け取りながら勤務することになります。また、雇用保険からも下がった給与を補てんする形で給付を受け取ることができます。制度をよく知って、上手に活用してください。

生命保険の選び方

万が一の事態が起こったとき、遺族年金だけでは遺された家族の生活費や教育費を賄うことはできません。生命保険は不可欠ですが、一方で過大な保険料負担が家計を圧迫しないよう、給付と負担のバランスも必要です。

スポンサーリンク

サイト内検索

スポンサーリンク